【万哲の乱 特別編】19日京都9R 逃げるケイアイサクソニーに馬場も向く

[ 2019年10月19日 08:00 ]

 ひと足早く、菊花賞の関東馬到着取材で金曜から京都競馬場にスタンバイ。ただし、雨が降ったりやんだり。土曜も終日雨予報で馬場悪化は避けられない。

 京都9R・久多特別の◎ケイアイサクソニーにとって道悪は好都合か。母の父タイキシャトルはドロドロの不良馬場だった98年安田記念(1着)を楽勝。名うての道悪巧者だった。前走・戎橋特別(14着)はいわゆる「2走ボケ」か?多少速めのピッチでも粘れるのは2走前の芦屋川特別(4着)でも証明済み。ここはメンバー的にも単騎逃げが濃厚。行き切れば、差しにくい湿った馬場状態を味方にして押し切りだ。

 《もうひと押し》東京10R・赤富士Sは◎アシャカトブ。春のG3ユニコーンS(6着)でもラストの伸び脚は際立っていた。2勝クラスの前走は通過して当然。距離延長でむしろ競馬はしやすくなる。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月19日のニュース