【菊花賞】(5)ワールドプレミア 好調アピール

[ 2019年10月19日 05:30 ]

 ワールドプレミアは角馬場からCWコースへと移動し、脚を伸ばした。友道師は「先週、追い切ってから良くなった。春はレース後のダメージがあったが今はそういうのがない」と好調をアピール。5番枠については「ゲートの中で問題があるわけではないし先入れでもいい。内めで良かった」とジャッジした。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年10月19日のニュース