【菊花賞】(17)タガノディアマンテ 8枠悲観せず「変わりない」

[ 2019年10月19日 05:30 ]

 タガノディアマンテは坂路(4F64秒8)をゆったり駆け上がった。鮫島師は「テンションが上がることもなく変わりないね」。17番に入り、枠はクラシック3冠全て“ピンク帽”に。「もうちょっと内がよかったが、こればかりは仕方ない。大外で勝った馬もいるしね」と悲観はしていない。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月19日のニュース