【東京4R新馬戦】スカーレットカラーの半弟ウーゴが完勝 高橋亮師「想像以上」

[ 2019年10月19日 12:43 ]

東京4R新馬戦を制した藤井騎乗のウーゴ(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 19日の東京4R・2歳新馬戦(ダート1600メートル)はスカーレットカラーの半弟ウーゴ(牡=高橋亮、父ゴールドアリュール)が早め先頭から抜け出した。2着に3馬身半差をつける完勝。

 手綱を取った藤井は「すぐにいい位置を取れて、ずっと手応えが良かった。馬場が締まっているのもあるが、最後までいい脚を使ってくれた」とパートナーを称賛。自身は東京コース初勝利で「直線が長いと聞いていたけど、こういうことか…と思った」と喜んだ。

 管理する高橋亮師は「素質はあると思っていたが、想像以上のレースをしてくれた」とにっこり。次走は未定も「左回りの動きがいいし、使えるならダート左回りがベスト」と今後の見通しを語った。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年10月19日のニュース