【京都4R新馬戦】ジャスティンリーチV 三木オーナー、うれしいJRA初勝利

[ 2019年10月19日 12:20 ]

 京都4R新馬戦はハナを主張した2番人気ジャスティンリーチ(牡=安田隆、父リーチザクラウン)がゴール前で二枚腰の粘りを見せて逃げ切った。

 引き揚げてきた北村友の第一声は「三木さんやりました」と興奮気味。「スタートが良かった。稽古の時から掛かって苦労したけど、重みのある1勝になりました」と喜びを爆発させた。同馬を所有する三木正浩氏(ABCマート創業者)は個人馬主として初出走で初勝利の快挙を成し遂げた。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月19日のニュース