【菊花賞】(12)レッドジェニアル スタートが鍵

[ 2019年10月19日 05:30 ]

 レッドジェニアルはゲートの確認を行った。高橋忠師は「精神的に落ち着いてきたこともあって前走から積極的にゲート練習を行っている。その効果もあって神戸新聞杯(4着)はうまくスタートできた。今回も前走くらい出れば」と目を細める。5月の京都新聞杯Vの実績馬。「このままの感じで平常心で競馬を迎えられれば」と好走を祈っていた。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年10月19日のニュース