【皐月賞】エポカドーロV!戸崎は感謝しきり「G1をプレゼントしていただいた」

[ 2018年4月15日 16:04 ]

<皐月賞>直線で抜け出し、皐月賞を制した(7)エポカドーロ
Photo By スポニチ

 牡馬クラシック3冠ロード第1弾「第78回皐月賞」(G1、芝2000メートル)が15日、中山競馬11Rで行われ、戸崎圭太騎手騎乗の7番人気エポカドーロ(牡3=藤原英厩舎)が優勝。伝統の競走でG1初勝利を挙げた。2馬身差の2着には9番人気サンリヴァル、さらに1馬身3/4差の3着には8番人気ジェネラーレウーノが入る波乱の決着となった。

 逃げる競馬で2勝を挙げていたエポカドーロだが、この日は4番手からの競馬。ハイペースで逃げる3頭から距離を置いて力をためた。鞍上は「先手を主張する馬はいるなと思って、イメージ通りですね」と振り返り、「馬も落ち着いて走ってくれていましたし、本当に競馬が上手な馬です」と笑顔を見せた。

 直線では堂々と抜け出し、「なんとかしのいでくれと頼むだけでした」と粘り強く伸び、後続の追い上げを退けた。これで1冠を制し、次は2冠目・日本ダービーとなるが、「距離は心配ありましたけど、強い競馬を見せてくれましたので期待しています」と手応えは十分。

 毎年、リーディングジョッキーを争う戸崎もG1制覇は16年ストレイトガールで制したヴィクトリアマイル以来2年ぶり。「G1をプレゼントしていただいてうれしく思います」と愛馬に感謝しきりだった。

続きを表示

この記事のフォト

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年4月15日のニュース