【皐月賞】(9)オウケンムーン リラックスした走り

[ 2018年4月15日 05:30 ]

 オウケンムーンは南Wコースを1周強。2カ月ぶりとなるが落ち着いており、国枝師も「ゆっくりリラックスして走っていたし、順調に来られた」と目を細めた。オウケンブルースリ産駒初となるG1挑戦。「乗りやすいと思うから、うまく立ち回ってほしい」とデビュー戦からコンビを組む北村宏の手綱さばきに期待を寄せていた。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2018年4月15日のニュース