【鳥谷越・本社予想の稼ぎどころ】15日阪神11R 巧腕・横山典がトップディーヴォを重賞初Vに導く

[ 2018年4月15日 08:00 ]

 土曜の中山はオジュウチョウサンの圧勝劇(中山グランドジャンプ)で大いに盛り上がった。スタートからゴールまで完璧な立ち回りで、従来のレコードを3秒6も更新。凄いパフォーマンスを見せてもらった。もう1頭、強烈なインパクトを残したのが9R・山藤賞を圧勝して2戦2勝となったフィエールマン。次走は未定だが、手塚師も「かなりのところまでいける器」と興奮気味だった。

 皐月賞デーの本日、当欄で取り上げるのは阪神11R・アンタレスS。狙いは関東のベテラン・横山典が手綱を取る◎トップディーヴォ。初めてコンビを組んだ5走前のBSN賞でオープン特別初勝利を飾ると、続くシリウスSでも4着に善戦。みやこSは競走除外となったものの、その後は交流重賞の名古屋GP→佐賀記念で連続2着。鞍上との相性の良さは明らかだ。本日は全国的に荒れ模様の天気で道悪が濃厚だが、この馬はダートの稍重〜不良で【5310】と特筆するべき好成績。阪神ダートにもV歴があり、重賞初制覇を飾る大チャンスとみた。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年4月15日のニュース