【梅ちゃん先生特別編】15日中山10R タイムトリップが砂で一変

[ 2018年4月15日 08:00 ]

 タイムトリップは初ダートで人気を落としているが、500キロを超す雄大な馬格、ウッドチップを激しくかき込むパワー走法から砂でも通用する。父ロードアルティマ×母の父ホークアタックの血統もダートでの可能性を示している。ダートのスペシャリストが相手だけに降雨で脚抜きの良いコンディションも好都合。砂をかぶりづらい外寄りの枠も歓迎だ。

 <福島11R 道悪でマイネルサージュ浮上>

 マイネルサージュは水を含んだ重たい芝が得意。最速の上がりで2着に追い込んだのが重馬場の福島・高湯温泉特別(15年)。昔話ではない。前々走のオープン・白富士S(やや重)でもしぶとく3着に食い込んでいる。福島も2戦2連対の好相性。「追い切りでも動いたし、ハンデ54キロなら面白いよ」と鹿戸師も手応えたっぷり。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2018年4月15日のニュース