【皐月賞】(1)タイムフライヤー 巻き返し誓った

[ 2018年4月15日 05:30 ]

 G1初制覇のホープフルS以来、2度目の中山参戦になるタイムフライヤー。稲田助手は「前回も落ち着いていた。食べて水も飲んでいるから何の問題もない」と順調さを伝える。上がり3Fメンバー最速タイも5着に敗れた若葉Sは「馬がやめようとしていた」と分析。「ここへ向けて3週連続でジョッキーに乗ってもらったし、道悪も苦にしないと思う。G1を勝ってる舞台で期待したい」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年4月15日のニュース