【皐月賞】タイムフライヤー10着 内田「いいところにいると思ったけど」

[ 2018年4月15日 17:21 ]

 昨年ホープフルSを制した唯一のG1馬タイムフライヤー(牡3=松田)は中団から伸びを欠いて10着。初コンビの内田は「いいところにいると思ったんだけどね。外からかぶされる競馬をしたことがなかったので」と無念の表情。

 一方、松田師は「トライアル(若葉S5着)が厳しいレースになり、今週の調教は動きすぎた面もあった。パンチが現状まだ足りない。ダービーまで時間が少しあるので、しっかり調整していきます」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年4月15日のニュース