【皐月賞】ジェネラーレ粘り強く3着 矢野師、ダービーへ手応え

[ 2018年4月15日 17:17 ]

戸崎を背に皐月賞を制したエポカドーロ(左)。右は2着のサンリヴァル、中央は3着のジェネラーレウーノ
Photo By スポニチ

 後続を離して先行した3頭から、ジェネラーレウーノが最後まで粘って3着。田辺は「あの位置でも力まずに走っていた。気分屋なので抑え込みたくなかった」とリズム優先の騎乗を振り返った。矢野師は「直線も馬場の悪いところで粘っているし、スタミナがある」とダービーへの手応えを示した。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年4月15日のニュース