【皐月賞】コマンドール5着に池江師「ダービーの権利獲れたのが大きい」

[ 2018年4月15日 17:08 ]

 3番人気に推されたすみれS勝ち馬キタノコマンドール(牡3=池江)は道中最後方の厳しい展開で5着。初コンビのM・デムーロは「変な競馬になった。外々を回るレースになって」と無念の表情。同馬の名付け親の映画監督の北野武氏の姿は中山競馬場になかったが、今年から皐月賞5着以内(昨年まで4着以内)に拡大されたダービー優先出走権をゲットした。

 池江師は「キャリア3戦目でよく頑張った。最後方からよく伸びた。ダービーの権利を獲れたのが一番大きい。十分間隔を取って挑める。6着(グレイル)とは鼻差でしょ?」と笑顔もまじえて話した。9着ジャンダルムと共に「予定通りにダービーに行きます」と指揮官は競馬の祭典での逆襲を誓った。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年4月15日のニュース