【ジャパンC1週前追い】ブラック順調!ラスト軽やか11秒9

[ 2017年11月16日 05:30 ]

<ジャパンC1週前追い>CWコース、3頭併せで先着するキタサンブラック(右)
Photo By 提供写真

 激戦の疲れを感じさせない軽やかな脚取りでジャパンカップの1週前追い切りを行った。史上5頭目の同一年天皇賞・春秋連覇を果たしたキタサンブラック(牡5=清水久)は、いつも通り稽古役の黒岩(レースは武豊)を背にCWコース3頭併せ。序盤はクレバーバード(2歳500万)、ブラックマイスター(3歳障害未勝利)を目標に5馬身後方を追走。3角からジワッとエンジンを掛けると、直線は雄大なフットワークでグングン加速。ラストは馬なりで先に抜け出したクレバーを首差かわし最先着。6F80秒7〜1F11秒9。黒岩は「元々回復の早い馬でいつも通りの動き。疲れは感じませんでした」と振り返った。クレバーの馬上でキタサンの動きを確認した清水久師も「さすがにあの馬場を勝った後なので、毎日様子を見ながらの調整。多少の疲れはあったが、すぐに乗りだせた。ここまで予定通りです」と笑顔で順調ぶりをアピールした。

続きを表示

「ドバイワールドカップデー」特集記事

「春の中距離王決定戦 大阪杯」特集記事

2017年11月16日のニュース