【マイルCS】武豊 負傷から復帰も「厳しい現実」交代に納得

[ 2017年11月16日 05:30 ]

栗東に元気な姿を現した武豊騎手(右)
Photo By スポニチ

 武豊からムーアへ――。衝撃が走ったエアスピネルの鞍上交代劇。笹田師が会見前に記者を集めて事情説明したのは反響の大きさを覚悟したからか。

 「何もなくてユタカくんを交代するはずがない。ただ、土曜に乗らず日曜だけ乗ると聞いたし、それなら万全でない可能性もある。G1の大舞台に不安材料を一つでも残したくなかった。これが最善の形と信じたい」

 オーナーとの協議でライアン・ムーアで、と正式に決まったのは火曜の午後。苦渋の決断か、ドライな決断だったのかは分からない。

 一方、ジョーストリクトリでの参戦となった武豊は、取材陣の前に現れるや急に足をひきずるポーズ。冗談めかしつつ「何でも聞いてください」と切り出した。8日の落馬負傷(右膝じん帯損傷)について「普通、落馬は1秒もあれば落ちるけど、それがアブミが外れず引きずられたまま。地獄の20秒間だった。一つ間違えれば騎手人生がどうかなっていたかもしれない」と振り返った。

 武豊の体をサポートし続ける理学療法士の長谷川聡氏(40)は、トレセンに付き添い「リハビリは高周波温熱療法と高圧酸素を一日4時間くらい。驚異的な回復。もう大丈夫です」とGOサイン。しかし、騎乗の支障がないまでに回復したが「これが厳しい現実。長くジョッキーをやっていればいろいろとあるよ」と武豊が漏らしたように、エアスピネルの背中を明け渡すことになった。

 「正直(乗り代わりに)驚きました。でも、ケガをしたのは自分。騎乗馬がないのを覚悟したけど、声を掛けてくれる陣営もあったし、その気持ちに応えたい」と結んだ。

 今回の交代劇はネット上を含め内外の反響も大きい。人気のエアスピネルと伏兵ジョーストリクトリ…。2頭の走りに、ファンの特別な視線が注がれるに違いない。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2017年11月16日のニュース