【京都日曜新馬戦】フランツ 動きに不満も音無師「実戦の方がいいタイプ」

[ 2017年11月16日 14:30 ]

 芝2000メートルの新馬戦(日曜京都5R)でデビューするディープインパクト産駒のフランツ(牡=音無)。母ロベルトから祖母グレースアドマイヤにさかのぼる音無厩舎ゆかりの名血だ。伯父にリンカーンや皐月賞馬ヴィクトリー。今年青葉賞を快勝し、ダービーで1番人気を集めたアドミラブルはイトコの関係になる。

 坂路の最終追い切りは4F53秒2〜1F13秒1と思うほど動けず、音無師も不満顔だったが「上のコペルニクスも坂路では動かなかった。調教より実戦の方がいいタイプ」と期待を持って送り出す。「調教に乗ったルメールからは“まだまだ子供”って言われたよ。しかし大人になるまで待ってられないからなあ」と笑顔で話していた。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2017年11月16日のニュース