【マイルCS】グランシルク 余力十分に先着「息遣いも良い」

[ 2017年11月16日 05:30 ]

<マイルCS>田辺を背に追い切るグランシルク
Photo By スポニチ

 富士S9着のグランシルクはWコースで5F68秒0〜1F12秒7(馬なり)。クロフネフリート(6歳障害未勝利)を7馬身後ろから追い、余力十分に内から2馬身先着した。騎乗した田辺は「輸送もあるので馬なり。先週しっかりやったことで、息遣いも良かった」と手応え。2走前の京成杯AHは好時計V。「前走は道悪の影響でゲートを出た後、スピードに乗らなかった。持ち時計(1分31秒6)は自信を持っていいし、右回りに替わるのもプラス」と前向きだった。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2017年11月16日のニュース