【東スポ杯2歳S】ルーカス 余裕残し併入!ムーアも素質評価

[ 2017年11月16日 05:30 ]

<東スポ杯2歳S>ムーアを背に3頭併せで追い切るルーカス(左)
Photo By スポニチ

 土曜東京メインの「第22回東スポ杯2歳S」の追い切りが美浦、栗東トレセンで行われた。8月札幌の新馬V以来となるモーリスの全弟ルーカスは、Wコースで併せ馬。マローブルー(6歳1600万)を3馬身追い掛け、直線内から並びかけると馬なりのまま併入。4F53秒1〜1F13秒1で余裕残しの手応えも、新コンビのムーアは「グッド」とまず最初に合格を告げた。「骨格がしっかりしているし、性格もいい。今日乗った感じは何も問題ない。まだ子供で兄と比べるのは早過ぎるが、将来的にはいい馬になる予感がする」。兄と国内外でG1・4勝を挙げた世界の名手も、内に秘めた素質を認めた。

 前走後は放牧で英気を養い、10月半ばに帰厩。「デビュー前よりしっかり動けるようになり、前回より一段階いい状態で出走できる」と森助手は成長を伝える。初戦でエアグルーヴの孫リシュブールとの“良血対決”を制し、返す刀で“無敗対決”も制すか。注目の2戦目へ態勢は整った。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2017年11月16日のニュース