スマートレイアー 香港Cへの招待受諾へ!鞍上は武豊

[ 2017年11月16日 06:30 ]

 15日、香港国際競走(12月10日、シャティン)に新たに日本馬3頭が選出され、先週のエリザベス女王杯6着スマートレイアー(牝7=大久保)が香港カップへの招待を受諾することが明らかになった。

 大久保師は「先週の疲れがあれば見送ることも考えたけどケロッとしているのでオーナーと相談して受諾することになりました」と語った。鞍上は武豊。昨年の香港ヴァーズ5着に続いて2年連続の遠征となる。

 香港ヴァーズは2頭が選出され、エリザベス女王杯の覇者モズカッチャン(牝3=鮫島)は来年に備えることが決定済み、京都大賞典2着トーセンバジル(牡5=藤原英)は来週のジャパンC(26日、東京)に出走する。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2017年11月16日のニュース