【ジャパンC】ブームタイム ダートで調整「疲れなく食欲◎」

[ 2017年11月16日 05:30 ]

 ジャパンCに出走する豪州のブームタイム(牡6)は15日、競馬学校ダートコースでキャンター。「疲れもなく、カイバも全て食べて水も飲んでいる」とフェネシー助手。前日14日夜に到着したドイツのイキートス(牡5)はダク、ギニョール(同)は軽めのキャンターで来日初日の調教を終えた。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2017年11月16日のニュース