【みやこS】地力あるインカンテーション レース勘戻れば一撃も

[ 2016年11月3日 05:30 ]

藤岡康太騎手を背に併せ馬で追い切るインカンテーション(右)

 骨折明けのインカンテーション(牡6=羽月)はCWコース併せ馬。直線内から並びかけると馬なりのまま4馬身先着。騎乗した藤岡康は「動きは良かった。反応はまだ久しぶりの感じだけど、息遣いはやるごとに良くなっています」と好感触。

 2年前の当レースVを含め重賞3勝。実績はヒケを取らないが、1月の東海S(11着)後に左腸骨(骨盤)骨折が判明、休養を余儀なくされた。「ゴーサインを出せる仕上がり。ただブランクが長い分、レース勘がどうか」と羽月師。久々の割引は必要だが、地力から軽視は禁物だ。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2016年11月3日のニュース