【ファンタジーS】“怪物2世”ミスエルテ 中間は気性考慮し調整

[ 2016年11月3日 05:30 ]

川田騎手を背にビートフォーセール(左)をかわし、調子の良さを見せるミスエルテ

 わずか一戦で世代牝馬No・1の称号を得た“怪物”フランケルの娘ミスエルテ(牝=池江)。誰もが無傷の2連勝を信じて疑わないが、課題もある。牝馬特有の“テンションの高さ”だ。「かなり高い方。初戦より2戦目の方がテンションが上がる馬が多い」と池江師は口元を引き締めた。

 中間は、メンタル面を考慮した調整が続いた。2週前のCWでストロングタイタン(3歳1600万)と併せラスト1F11秒5と伸びた。「すさまじい動きだった」と川田。以降は折り合い重視。先週のCWでは馬なり6F84秒5。最終追いは2歳未勝利ビートフォーセールを先導役に内で気持ちをグッと抑え込み、ゴール前で瞬時に抜け出し2馬身先着だった。4F52秒1秒も、ラスト1F11秒5はやはり“怪物”の片りんをみせた。「良かったと思います。距離短縮の分、ケンカしないで折り合える練習になるでしょう。あとは自分との闘いですね」と師。注目はいかに美しく勝つかだ。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2016年11月3日のニュース