フランスからバルザローナが来日 今週土日は京都で騎乗予定

[ 2016年11月3日 05:30 ]

13年、朝日チャレンジCで重賞初制覇を飾り、ファンの声援に手を振って応えるミカエル・バルザローナ騎手

 今週から短期免許で参戦するミカエル・バルザローナ(25=フランス)が2日、栗東で調教に騎乗した。13年秋、14年秋と過去2回の短期免許で13年朝日チャレンジC(アルキメデス)、14年福島記念(ミトラ)を含めてJRA9勝をマーク。今回は年末まで騎乗予定。「フランスはスローペースの競馬が多いけど日本はスピード競馬の印象。過去2回の経験があるし2カ月でしっかり結果を出したい」と語った。

 今週末は京都で騎乗。土曜メイン・ファンタジーSはゴールドケープ、日曜メイン・みやこSはキョウエイギアとコンビを組む。身元引受調教師は角居勝彦師、契約馬主は猪熊広次氏。

続きを表示

「ドバイワールドカップデー」特集記事

「春の中距離王決定戦 大阪杯」特集記事

2016年11月3日のニュース