99年の米2冠馬カリズマティックが種牡馬引退…米国で功労馬に

[ 2016年11月3日 05:30 ]

代表産駒のワンダーアキュートは12年のJBCクラシックなどを制した

 99年の米2冠馬で、03年から日本軽種馬協会で種牡馬として供用されていたカリズマティック(牡20)が引退することを2日、同協会が発表した。

 同馬は30日に日本を出発し、米ケンタッキー州の功労馬施設オールド・フレンズ牧場に移動して余生を送る。種牡馬としては12年JBCクラシックなどG1・3勝を挙げたワンダーアキュートを送り出した。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2016年11月3日のニュース