【AR共和国杯】追ってひと言

[ 2016年11月3日 05:30 ]

 ▼クリールカイザー(相沢師)よく伸びていて良かった。前走よりも馬がキリッと締まった感じ。

 ▼コスモロビン(清水英師)年齢的なものはあるけど、この馬としては変わらず調整できている。

 ▼ショウナンバッハ(上原師)週末にもやっているし、使ってきているので当週はサッと。ハンデ差を生かせれば。

 ▼トレジャーマップ(石栗師)ゴール前の坂のきつい部分でもしっかり伸びていた。51キロは魅力。

 ▼フェスティヴイェル(畠山師)先週しまいやったし、今週も上々。前走のように早めに動ければ。

 ▼プレストウィック(武藤師)今回は体が柔らかくていい。上のクラスの方が競馬しやすいはず。

 ▼ムスカテール(友道師)元気いっぱいで、年齢的なものを感じさせない動き。今回がこの馬の一番走れる条件。

 ▼レコンダイト(音無師)攻めの動きは悪くないが、気候のせいかこの時期はあまり走らない。ただ、今回はハンデ差もあるし、使った上積みも見込めるので。

 ▼ワンアンドオンリー(橋口師)予定通りの稽古ができた。前走は勝負どころでモタついたが、最後はいい脚。中間はハミを替えて、しまいに集中させるような調整。その効果が出れば。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2016年11月3日のニュース