【AR共和国杯】久々重賞挑戦ヴォルシェーブ、上がり重点で12秒5

[ 2016年11月3日 05:30 ]

調教後、厩舎周りを運動するヴォルシェーブ

 14年菊花賞以来、約2年ぶりの重賞挑戦になるヴォルシェーブ。最終追い切りは坂路で上がり重点に4F54秒5~1F12秒5。先週は同じく坂路でムスカテールと併せ、4F52秒2~1F12秒7でこれを圧倒している。

 友道師は「先週までにしっかりやっているから今週はサッと。いい動き。左回りは得意だし、折り合いがつくから2500メートルも大丈夫。ハンデ差を生かせるようなら」と虎視たんたんの表情だった。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「WEB限定予想コラム」特集記事

2016年11月3日のニュース