古市憲寿氏 原発処理水の海洋放出問題に「地元の漁協とか漁師さんがどう思うかってことを重視して」

[ 2021年4月8日 08:33 ]

フジテレビ社屋
Photo By スポニチ

 社会学者の古市憲寿氏(35)が8日、フジテレビの情報番組「めざまし8(エイト)」(月~金曜前8・00)に出演。東京電力福島第1原発の処理水を巡り、菅義偉首相が7日に全国漁業協同組合連合会(全漁連)の岸宏会長と官邸で面会し、海洋放出決定への理解を求めたことについて言及した。

 岸氏は改めて反対を菅首相に伝達。菅首相は会談後、記者団に「近日中に判断したい」と述べた。政府は会談内容を踏まえ、13日にも関係閣僚会議を開く方向で調整している。

 古市氏は「汚染水、処理水というか立場の違いがありますけど、客観的な基準ということが1つと、やっぱり地元の漁協とか漁師さんがどう思うかってことを重視して話を進めてほしいですよね」と自身の意見を述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月8日のニュース