梅沢富美男、都の「まん延防止等重点措置」要請に怒り「『いい加減にしてくれ!』と思ってる人が大半だよ」

[ 2021年4月8日 22:08 ]

俳優の梅沢富美男
Photo By スポニチ

 俳優の梅沢富美男(70)が8日、TOKYO MXの「バラいろダンディ」(月~金曜9・00)に生出演。東京都の新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」について、怒りをぶちまける場面があった。

 東京都の小池百合子知事(68)は同日午後に開かれた新型コロナウイルスのモニタリング会議後、感染状況の悪化を受け、改正特別措置法に基づくまん延防止等重点措置を政府に要請したと明らかにした。5月の大型連休を控え、関西圏での変異株拡大などを踏まえて長距離の移動自粛要請などを求め、人出の抑制策を図りたい考え。

 梅沢はこの要請について「こんなこと俺が言わなくても、国民の方たちは『いい加減にしてくれ!』と思ってる人が大半だと思うんだ。ただね、こんなことやっててオリンピック出来るの?俺はスポーツの祭典だから、やって欲しいと思うよ。でも、国民の7割が『やらなくていい』って言ってるんだから。それに飲食店の他にもいろんな業種の人たちがいるんだよ。その人たちの補償はどうするの?」と語気を強める。

 「あっち行ったり、こっち行ったり、この政府のやり方に、みんな辟易してるんじゃないかね。人が動けば、こうなるっていうのはわかってんだから。なんで(緊急事態宣言を)解除したのか『こういう理由で解除しましたけど、やっぱりやります』って、説明しないとさ」と訴えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月8日のニュース