吉村洋文知事 コロナ「見回り隊」に「完全に拒否されたのは数件レベル」

[ 2021年4月8日 10:52 ]

大阪府の吉村洋文知事
Photo By スポニチ

 大阪府の吉村洋文知事(45)が8日、フジテレビの新情報番組「めざまし8(エイト)」(月~金曜前8・00)にリモート出演。大阪、兵庫、宮城の3府県で5日に新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」が始まったことについて言及した。

 「まん延防止等重点措置」の期間は5月5日まで。大阪、神戸、尼崎、西宮、芦屋、仙台の6市では飲食店に対する午後8時までの時短営業を要請、一部では行政による協力状況や感染対策の見回りも始まった。

 吉村知事は「見回り隊」への市民の反応について「比較的にお店の方も協力的です。“どういうふうにアクリル板を設置したらいいの”“一緒にやっていきましょう”と」と言い、「まだ始めて間もないんですけど、完全に拒否されたのは数件レベルで、かなりのお店が“アクリル板設置していきましょう”とか前向きに動いてくれている」と説明。

 そして「これは摘発が目的ではなくて、一緒に感染対策を強めましょうということです。見回り隊がチェックして感染対策が取れている店については、個別で登録していってますから、将来的には個別認証店という形でいろんなインセンティブであったりとか、(感染対策を)やっていない店との区分けをきっちりやっていこうと考えています」と今後の方針を示した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月8日のニュース