ぺこぱ松陰寺 櫻井翔のかっこよすぎる撮影現場エピソード披露「これはスターだなと」

[ 2021年4月8日 21:06 ]

ぺこぱの松陰寺太勇
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ぺこぱ」の松陰寺太勇(37)が8日放送の日本テレビ系「THE突破ファイル」(木曜後7・00)2時間スペシャルに出演し、豪華すぎる再現ドラマの内幕を明かした。

 松陰寺や「EXIT」らがレギュラー出演する番組内の再現ドラマ「突破交番」に、この日は「嵐」櫻井翔(39)と女優・広瀬すず(22)がゲスト出演した。2人は11日スタートの同局系ドラマ「ネメシス」(日曜後10・30)のダブル主演で、櫻井は探偵を、広瀬はその助手をそれぞれ演じる。「突破交番」はドラマとのコラボ企画として撮影。2人は劇中の役で、不審火事件を名推理で解決する役どころだった。

 警察官役を演じている松陰寺は、2人の出演で現場にはいつになく緊張感があったことを告白した。「現場の緊張感が全然違って。普段『突破交番』のロケの時って台本を見ないで、その場でパッと見てやるんですけど、この日ばっかりは絶対にNGを出せないので、待機中のロケバスで全員で読み合わせしました」。松陰寺と「EXIT」兼近大樹(29)は劇中で、キャラを生かしたギャグを入れるが、さすがにスター2人を前にしてしり込みしたという。それでも、最終的には「かねちーと俺、『どうしようか』って言ってて、『俺たちがここにいる意味…やるしかねえよな?』」と、2人で覚悟を決めてギャグを折り込んだことを明かした。

 櫻井、広瀬は超多忙の中、ドラマの撮影と平行して出演した。現場での櫻井について、松陰寺は「もちろん『突破-』の台本も見る暇ないんですけど、撮る前にパッと台本を見て、ちょっと目を閉じて、10秒くらいウロチョロして、ほにゃほにゃ言いながら、『はいOKです』って言って。そしたら、それで一発で決めるんですよ」とかっこ良すぎるエピソードを披露。「これはスターだなと思って」と感激していた。

 撮影中、舞い上がってしまった兼近は、「テンションが上がってるんで、(劇中の容疑者として)疑って櫻井翔さんを連れて行く時に、連れて行くふうに見せて腕に抱きついてましたからね」とミーハーぶりを打ち明け、笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月8日のニュース