「涙活のカリスマ」藤田麻衣子が「涙ソムリエ」取得 涙をテーマにしたコンサートにも意欲

[ 2021年4月8日 05:30 ]

「涙ソムリエ」のオンライン講座を受けた藤田麻衣子
Photo By スポニチ

 「涙活のカリスマ」として知られるシンガー・ソングライターの藤田麻衣子(37)が「涙」をテーマにしたコンサートの開催に意欲を見せた。

 藤田は涙に関する理解を深めるため今月3日、民間資格「涙ソムリエ」のオンライン講座を受け、どのような環境を作れば泣きやすいか、涙にはどのような効果があるかなどを学んだ。家族の絆を描いた動画が流れた際には思わず涙を流す場面も。約90分の講義を終えて、自分が泣きやすいポイント(=泣きツボ)を発見できたとし「(動画で)一つの場面を見ているとその前後も想像して泣いていたので、私は想像力も泣きツボなんだなと気がつきました」と自己分析。楽曲制作においても「想像力」を生かして歌詞を書いていたことに気づいたといい「これからまた歌詞を書く時にとても大切な気づきになったと思います」と納得の表情を浮かべた。

 ライブのたびに、その歌声でファンの涙を誘ってきたことから「涙活のカリスマ」と称されるようになった藤田。音楽界では歌手の沢田知可子(57)が「涙ソムリエ」を取得し「涙曜日コンサート」と題した公演を行っており、藤田は「ストレートに涙にちなんだコンサートを開催したことがまだなかったのですが、そういう涙をテーマにしたコンサートを私も開催してみたい」と希望に胸を膨らませた。

 同資格は「涙活事務局」(株式たきびファクトリー内)が認定。寺井広樹代表によると、18年からスタートし、受講者はこれまでに100人を超えている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月8日のニュース