日向坂・小坂菜緒はトリケラトプス推し 今夏恐竜展のアンバサダー就任に歓喜「本当にうれしい」

[ 2021年4月8日 04:00 ]

「ダイナ荘びより」の恐竜キャラクターを手に笑顔を浮かべる日向坂46の小坂菜緒
Photo By 提供写真

 アイドルグループ「日向坂46」のエース、小坂菜緒(18)が今夏の大型恐竜展「DinoScience 恐竜科学博」(7月17日~9月12日、パシフィコ横浜)の公式アンバサダーに就任した。大の恐竜好きを公言してきた中で「本当にうれしい」と歓喜する大役。グッズ用にイラストを描き下ろすなど力が入っている。

 恐竜にひかれたのは、小学校の理科で化石の授業を受けたのがきっかけ。日向坂46の2019年3月のデビュー以来、シングル4作連続でセンターを務めるかたわら、休日には恐竜博物館に足を運んできた。昨年1月放送のテレビ東京「日向坂で会いましょう」でも恐竜のものまねやイラストを披露。ティラノサウルス最強説を覆した米映画「ジュラシック・パーク3」がお薦めだと熱く語るなど、その恐竜オタクぶりが話題になっていた。

 恐竜の中でも一番好きなのが3本の角が特徴的なトリケラトプス。同博の目玉が「世界で最も完全で美しい」と言われているトリケラトプスの実物化石(全長7メートル、高さ3メートル)が米国から日本に初上陸することとあって、小坂も大興奮。「体がとても大きくて肉食に見られがちだけど、草食っていうところのギャップが結構大好きです」と、コメントにも愛があふれる。

 同博では、小坂本人が描き下ろしたトリケラトプスのイラストを基にしたキーホルダー付きチケットが限定販売される。今後、アンバサダーとしてメディアやSNSなどを通じてPRしていく小坂は「私自身、恐竜に興味はあるものの、物凄く深い知識があるわけではないので、ぜひ皆さんと一緒に学んでいきたい」と、開催を心待ちにしている。

 ◆小坂 菜緒(こさか・なお)2002年(平14)9月7日生まれ、大阪府出身の18歳。17年8月、けやき坂46の2期生オーディションに合格。19年3月、日向坂46に改名後のデビューシングル「キュン」でセンターポジションに。同11月公開の「恐怖人形」で映画初出演にして主演。ファッション誌「Seventeen」の専属モデルも務めている。血液型O。

 ▼トリケラトプス 現在の北米大陸に棲息した恐竜。「トリ(3)」「ケラト(角)」「プス(顔)」の3つの古代ギリシャ語で「3本の角を持つ顔」の意味。3本の角は捕食者から身を守るための武器と考えられてきたが、最近では主に種内競争のために使われていた可能性が高いと解釈されている。頭の低さから植物食だったとみられている。

 ▽DinoScience 恐竜科学博 副題は「ララミディア大陸の恐竜物語」。白亜紀後期(約1億~6600万年前)に存在したアラスカからメキシコまでのララミディア大陸の化石を展示。脳腫瘍の痕がある骨格や日本初展示の化石も。ソニーグループ9社が主催。チケットの一般発売は8日から。
 

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月8日のニュース