おいでやす小田のバスケ歴は“ストリートバスケ”「ケニーと呼ばれていた」

[ 2021年4月8日 12:55 ]

おいでやす小田
Photo By スポニチ

 お笑いユニット「おいでやすこが」のおいでやす小田(42)が6日放送のテレビ朝日「ロンドンハーツ」(火曜後11・15)に出演。中学2年生からしているというストリートバスケについて語った。

 小田は、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の野田クリスタル(34)に「バスケやってるって聞いたんですけど、中学バスケ、高校バスケどちらをやってたんですか」と聞かれると「ストリートバスケをやっていた」と回答。これには野田も「ただ外でバスケやってただけだろ、それはバスケをやっていたには入らない」とつっこむが「中2からストリートバスケをしていた」と譲らなかった。

 「年齢も名前も分からない人と対決していた」といい、「ケニーアンダーソンというNBA選手にならって 『ケニー』と呼ばれていた」と当時の呼び名を明かした。最後にはエアーでシュートフォームを披露するも「根がナルシスト」と言われ、困った様子だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月8日のニュース