峰竜太 渡哲也さんとのエピソード語る「人生の中で本当に大きな存在でした」

[ 2021年4月8日 16:41 ]

峰竜太
Photo By スポニチ

 俳優の峰竜太(69)が8日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜後1・00)にゲスト出演。昨年8月に肺炎で死去した俳優・渡哲也さん(享年78)との思い出を語った。

 峰は、渡さんと同じ事務所「石原プロモーション」に所属していたが2000年に辞めようと決断。その際、渡さんに相談すると「お前は出た方がいいかもわからないから」と背中を押してくれたという。事務所を辞める直前には「『本当にお世話になりました。勝手に辞める形になってすいません』と感謝を伝えに行たんですけど、『何言ってんだお前、いいんだよ。頑張ればいいんだ』と声をかけてもらい、男の大きさみたいなものを見せてもらった」と語った。

 峰は渡さんが亡くなる直前に電話をしたそうで、その際「お前良かったな、石原プロ辞めて」といってもらったという。「渡さんの声を聴けたのは一瞬だったんですけど、胸がいっぱいになりました」と振り返った。最後には「お話しさせていただいたものは今でもちゃんと残ってるし、ありがたいと思っています。僕の芸能界の人生の中では本当に大きな存在でした」としみじみと話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月8日のニュース