嵐・櫻井翔 ペット飼いたかったけど「自分が動物飼っちゃいけないと思って」

[ 2021年1月16日 21:06 ]

「嵐」の櫻井翔
Photo By スポニチ

 嵐・櫻井翔(38)が16日放送の日本テレビ「I Love みんなのどうぶつ園」(土曜後7・00)に出演し、ペットを飼わなかった理由を語った。

 櫻井はMCを務める相葉雅紀(37)とともに沖縄県宮古島の犬猫の保護施設を訪れた。2人で毛玉だらけの犬をトリミングをしているときに櫻井は「大丈夫だよ。大丈夫だよ」と犬に話しかけた。するとスタッフから「こんな犬触ったことあります?」と問われた櫻井は「いや、ないと思うな。ましてや、話しかけたことない」と答えた。その言葉に相葉は「話しかけたことない?」と驚いた。櫻井は「なんか恥ずかしくなっちゃう。だから今、自分で大丈夫だよとか言ってビックリした」と自身の変化に驚いた。

 相葉は「珍しいよ。なかなか動物と櫻井翔は撮れないよ」と話すと、櫻井は笑いながら「機会がないね、確かに」と答えた。幼少期に犬を飼っていなかった櫻井にスタッフから「飼いたいと思ったことないんですか?」と聞かれた櫻井は「なんか、逆に自分が動物飼っちゃいけないと思っていて」とポツリ。4歳ぐらいまで祖父母の家に犬がいたという櫻井は「中型犬なんだけど、その背中に乗って遊んでいた。でも4歳くらいの時に亡くなった。じいちゃん、ばあちゃんに犬を飼ってくれと頼み込んだ。でも、自分で飼ってくれと言ったのに、祖父母の家だから面倒も見られなくて。じいちゃん、ばあちゃんも年齢が年齢だから頻繁に散歩とかいけなくて、敷地の中から出ることなく亡くなった。だから俺、動物飼っちゃいけないんだろうなと思って」と理由を語った。

 相葉は「そんなエピソードがあったんだ」と初耳だった。櫻井は「飼いたいとは思うよ。考えたこともあった」としたが「それが頭をよぎって、ちゃんと面倒見れないんだったら、言っちゃいけないんだろうな」と自身の考えを語った。相葉は「すごい責任感強いね」と思いやり「確かにそれも間違ってないね。飼わないって選択しも」と考えに理解を示した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月16日のニュース