中居正広の妙なぶっこみにゲストの生田斗真が大慌て「こんなこと言われに来たんじゃない!」

[ 2021年1月16日 15:09 ]

タレントの中居正広
Photo By スポニチ

 タレントの中居正広(48)が16日、番組MCを務めるテレビ朝日「中居正広のニュースな会」(土曜正午)に出演。昨年3月まで所属したジャニーズ事務所の後輩で、この日の放送にゲスト出演した俳優の生田斗真(36)を相手に楽しいトークを繰り広げた。

 中居と生田は1997年10月から98年9月まで放送されたフジテレビのクイズバラエティ「中居正広のボクらはみんな生きている」で当時25歳&13歳で共演。この日は2019年7月9日に亡くなったジャニー喜多川氏(享年87)の告別式に仕事の都合で参列できなかった2人がその前日に会場で会って以来1年半ぶりの再会だといい、新型コロナウイルス感染予防のアクリル板を挟んで隣に座った中居は「お久しぶりで。どうしてます?」とうれしそうな表情を浮かべた。

 そして、昨年3月の退所時に「お手紙くれたんです。斗真だけでしたよ、お手紙くれたの。他の子、ひっとりも(ない)。なんかさ、もっとなんかあんのかな、とかさ。斗真しかいない!」と笑わせつつ、マネジャー経由で手紙をもらっていたことを明かした。そして恒例のツンデレを発動せず「うれしかったですよ」と珍しく素直にお礼を言う中居に、生田も「ああ、良かった。うれしい」と笑顔。中居は「あんな手紙書いてくれるんだなって…」とし、共演者から内容について聞かれると「内容なんて言うわけがない!言うわけないですね。それは僕の中でしまっておいて…」としつつも「すごくいいこと書いてくれて」と感謝した。

 番組内では「ボク生き」の共演シーンVTRも流されたが、当時の生田が13歳だと知らされると「(生田が)わき毛が生えてる前から知ってる」と茶化しつつ実に楽しそう。当時13歳の生田が中居に“タメグチ”で話す姿に「全然気つかってないよね?」とツッコミを入れる中、共演者たちが「子どもだ、子ども!」とフォローするなどほっこりムードに包まれた。だが、ここで中居は「ちょっとでも…顔が大分変わりましたね。ちょっとコレ…。こうなります?大人になって…」といきなり妙なぶっこみ。これに「うわ、うわ、うわっ!」と声をあげた生田は「こんなこと言われに来たんじゃない!ヤバい、ヤバい!」と大笑い。「僕はほんっとに口かたいから。絶対僕は言わない。ほんっとに言わないよ?」となおも“疑惑トーク”を続ける中居に生田は「ちょっと!影響力考えてくださいよ、中居さん。ほんっとに!」と苦笑いしつつ、仲の良さを見せていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月16日のニュース