ジャニーズ事務所 ジャニーズJr.の活動に満22歳の年齢制限制度導入へ

[ 2021年1月16日 18:05 ]

ジャニーズ事務所
Photo By スポニチ

 ジャニーズ事務所は16日、ジャニーズJr.の活動に一定の年齢制限を設けることを公式サイトで発表した。具体的には満22歳に達した後の最初の3月31日までに事務所と合意に至らない場合は、ジャニーズJr.の活動を同日で終了するというもの。準備期間を経て、23年3月31日より適用するとしている。

 「ジャニーズJr.制度改定に関するご報告」と題した文書で事務所側は「ジャニーズJr.の制度は、ジャニーズ事務所が目指すエンターテイメントに欠かすことができないアイドル・タレントの発掘と育成を目的に、ジャニーがプロデューサー人生を通して大切に築き上げてきたもの」と説明。その上で「ジャニーズJr.の制度が誕生した当時では考えられないほど多くのタレントがデビューし、多岐に渡る活動の機会をいただけるようになったことが、ジャニーズJr.達の日々の活動の希望となっております」と大きな成果があったことを述べた。

 一方で「このような恵まれた環境であるが故に、一般的に人生の岐路と言われる年齢を迎えたジャニーズJr.が、適切な進路を決定し難くなっているのではないか、ということも同時に懸念されるようになってまいりました」と問題点を提示。今後は制度創設時の信念を守り、原型を保ちながら「ジャニーズJr.の活動は、アイドル・タレントとしてデビューを目指すことが大前提であるという基本に改めて立ち返ると同時に、個人の適切な進路決定の確保といった観点からも、この度、ジャニーズJr.の活動において、一定の年齢制限を設けることといたしました」と制度の一部改定という結論に達したことを説明した。

 改定後について事務所側は「この新たな年齢制限に関わる制度を導入したことにより、不本意ながらジャニーズJr.としての活動を継続することが叶わないメンバーが出てくる可能性がありますが、いずれにしましても『ジャニーズJr.に在籍してよかった』と思っていただけるような時間を共に過ごしてまいりたいと考えております」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年1月16日のニュース