TBS 東京五輪“1年程度”延期に「ベストなものは何かを議論して編成してきたい」

[ 2020年3月25日 15:35 ]

TBS社屋
Photo By スポニチ

 TBSは25日、東京・赤坂の同局で定例社長会見を行い、1年程度の延期が決まった東京五輪の影響について言及した。

 編成担当の伊佐野英樹取締役は「延期が発表されたのが昨日のことなので、これから検討という形になると思う」としたうえで、「放送の枠にレギュラー番組があるので、そのまま放送するのか、別途特番を編成するのか、今後の検討課題になると思う。現状の中でベストなものは何かを議論して編成していきたい」とした。

 同局の東京五輪・パラリンピック中継では、安住紳一郎アナ(46)が総合司会を務めることを発表。大会を盛り上げるため、昨年7月から同アナがMCを務めるスポーツバラエティー「東京VICTORY」(土曜前7・00)もスタートしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年3月25日のニュース