志村けん 新型コロナ陽性で20日入院 現在闘病中 感染経路は不明 所属事務所が発表

[ 2020年3月25日 11:30 ]

志村けん
Photo By スポニチ

 タレントの志村けん(70)が新型コロナウイルス検査で陽性と診断されたことを、所属事務所が25日、発表した。

  
 事務所によると、20日に体調不良のため都内の病院に搬送されて重度の肺炎との診断を受け、入院した。診察の際に新型コロナウイルス感染が疑われたため検査が実施され、23日夜に新型コロナウイルス検査の陽性が確認されたという。発症日の17日から入院した20日までの間、自宅で静養しており、接触のあった人は限られていることから濃厚接触者の特定もすでに完了し、対象者は自宅待機しているとしている。感染経路は不明という。

 スポニチの取材では、せきと発熱に加え、肺に影があるなど新型コロナ感染者と同様の症状があった。現在は人工呼吸器をつけて治療を行っている。

 現在は日本テレビ「天才!志村どうぶつ園」、フジテレビ「志村でナイト」の週2本のレギュラー番組を抱えている。加えて30日スタートのNHK連続テレビ小説「エール」にも未発表だが出演が決まっており、すでに撮影が始まっている。自身初のドラマ出演で、張り切って撮影に臨んでいたという。

 ◆志村 けん(しむら・けん、本名志村康徳=しむら・やすのり)。1950年(昭25)2月20日生まれ、東京都出身の70歳。68年、都立久留米高校を卒業前に、故いかりや長介さんを訪ね付き人になる。74年に「ザ・ドリフターズ」のメンバーに。フジテレビ「志村けんのだいじょうぶだぁ」、同局「志村けんのバカ殿様」などのバラエティーで人気者に。「東村山音頭」のヒットでも知られ、東京五輪の聖火リレーで東村山市を走ることが発表されていた。身長1メートル69。血液型A。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月25日のニュース