阪急VS阪神“デパ地下グルメ対決”舞台裏とは…16日放送「水野真紀の魔法のレストラン」

[ 2019年10月15日 19:00 ]

 MBSテレビ「水野真紀の魔法のレストラン」(水曜後7・00)の16日放送は「王者阪急VS食の阪神、仁義なき“デパ地下戦争”の舞台裏」がテーマ。関西を代表する二大デパート「阪急百貨店」と「阪神百貨店」の知られざる因縁が明らかになる。

 2つの百貨店の敏腕担当者が「正直ウチにも欲しい!悔しい!」と思うライバル店の商品ベスト5を激白する人気企画。全国2位の売り上げを誇る「阪急うめだ本店」と、食品が売り上げ全体の5割を占める「阪神梅田本店」のデパ地下グルメで対決する。

 阪神の担当者が「悔しい」と名前を挙げたのが、阪急の新店「アトリエうかい」。箱も中身も宝石箱のような「映えクッキー」は、開店1時間前から大行列ができる人気ぶり。その阪急では、さらにタルト専門店「タルティン」がこの10月に新登場。双子の姉妹をイメージしたパッケージが可愛いと、早くも連日完売の人気店だが、阪神の担当者から爆弾発言が飛び出す。「実はこのお店、前に阪神の催事に出店していただいて、大評判を取ったんですよね」。その後、常設店として誘致に動き、成功したのは阪急だったという経緯が判明する。レギュラー出演者のロザン菅に「10対0で盗塁すなよ」とツッコまれた阪急の担当者は「取ってやろうという気は全くなかったのですが、貪欲に行かないと…ね?」と王者の本音をのぞかせた。

 対する阪神で、阪急の担当者を悔しがらせた新店が「普門庵」。京都の清水寺参道にある和菓子店で、中でも注目の品がわらび餅の「福わらび」。本わらび粉を使った上質なわらび餅を箱いっぱいに流し込み、きな粉と黒蜜をかけて食べる逸品だ。阪急曰く、通常百貨店で売られている高級わらび餅は1500円程度するが、この商品は800円(税別)。「手土産にぴったり。贈られる側にも、贈る側にも喜ばれる。うらやましい」。そして「絶対に集客が見込めるのが清水ブランド。どこの百貨店も欲しがる。非常に悔しい」と重ねた。実は、阪急がそこまで悔しがるのも当然。以前、この人気店は阪急の催事に出店したことがあったが、常設店舗として口説き落としたのは阪神だったと語った。07年に経営統合した両社だが、食の大阪を舞台に、しのぎを削るガチのライバルであり続けていることが、改めて浮き彫りとなる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月15日のニュース