出川哲朗 ベストジーニスト初受賞でまさかの告白「プライベートで全くはかない」

[ 2019年10月15日 15:59 ]

第36回「ベストジーニスト2019」に出席した(左から)Hey!Say!JUMPの中島裕翔、女優・山本美月、お笑いタレント・出川哲朗、女優・長谷川京子、E-girls・楓
Photo By スポニチ

 ジーンズの似合う有名人に贈られる「第36回ベストジーニスト2019」の発表会が15日、都内で行われ、お笑いタレントの出川哲朗(55)が「協議会選出部門」で初受賞を飾った。

 出川は、テレビ東京「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」(土曜後7・00)に出演していることから、雨の日も風の日も名物ディレクターとともにジーンズをはき、地球環境に優しい電動バイクで全国を訪れ、ジーンズの良さと人柄を伝えたという理由で選ばれた。この日の授賞式には、同番組でのスタイルとなっている、スイカがデザインされたヘルメットに、オーバーオール姿でスクーターを押しながら登場。開始から会場を驚かせ、笑いに包んでいた。

 出川は初受賞に「正直、この賞と僕は永遠に交わることがないと思っていたので、リアル本当に驚いています」と笑顔。自身が選出されたことを受け「やっぱり、ベストジーニストっていうと、美男美女の人が取るというイメージがすごく強かったので、僕が取ったということは全国のユニークな顔をした芸能人の皆さん、ユニークな体型をした芸能人の皆さんに夢と希望を与えられたと思っています」と誇らしげに語った。

 しかし、普段のジーンズのはきこなしについて聞かれると「ぶっちゃけ、プライベートで全くはかないので…」とまさかの告白。理由については「なぜなら、ウエストがお腹が出すぎて入らない。ほとんどズボンは、ジャージとかゴムのパンツだけ。申し訳ない気持ちでいっぱい」と話し会場を笑いに包んだ。

 また、出川は私服で持っているジーンズは1着だけだと明かした。これに対し、この日ともに受賞したHey!Say!JUMPの中島裕翔(26)が「それも、いいですよね。1本をずっと愛し続けるという」とコメント。しかし、出川は「いや、(ジーンズを)愛してないんだよ」と再びまさかの発言が飛び出し、中島が「出川さん、今、フォローを入れたんですよ」とツッコんで会場は爆笑だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月15日のニュース