藤井七段、宮本五段と対局 第78期名人戦順位戦C級1組5回戦

[ 2019年10月15日 10:46 ]

第78期名人戦順位戦C級1組5回戦、宮本広志五段(手前)と対局中の藤井聡太七段
Photo By スポニチ

 将棋の藤井聡太七段(17)が15日、大阪市の関西将棋会館で午前10時に始まった第78期名人戦順位戦C級1組5回戦で宮本広志五段(33)と対局中だ。

 開幕以来、これまで無傷の4連勝中。かつて藤井の連勝記録を29で止めた佐々木勇気七段(25)、元竜王の島朗九段(56)に藤井を含めた5人が全勝だが、前期成績に基づく順位(相撲の番付のようなもので藤井は今期3位)により、同組首位の座を走っている。

 宮本とはこれまで2戦し、いずれも勝っている。この日の対局は先後が事前に決まっており、先手で居飛車党の藤井は初手でいつも通り、飛車先の歩を突いた。対する振り飛車党の宮本は角道を開けた後、四間飛車に構えた。持ち時間は各6時間。昼・夕2回の食事休憩を挟み、本日深夜の終局が見込まれている。

 順位戦C級1組は来年3月までに所属する36人の棋士全員が計10局を指す。そのうち上位2人だけが来期、B級2組に昇級できる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月15日のニュース