伊集院光語る ラグビー日本代表リーチ主将の“年齢あるある” タレントで同い年は…

[ 2019年10月15日 11:52 ]

タレントの伊集院光
Photo By スポニチ

 タレントの伊集院光(51)が14日深夜放送のTBSラジオ「伊集院光 深夜の馬鹿力」(月曜深夜1・00)に出演。ラグビー日本代表の主将を務めるリーチ・マイケル(31)の年齢に触れつつ、その存在感の大きさを口にした。

 リーチ主将について「みんな“あるある”で言ってるのは、『おい、リーチ・マイケルって俺より年下なのかよ』みたいな」という、世間の声について紹介。“自分より何歳年下なのか”という話はよくあるとし、その流れで「誰と同い年っていう時に、誰と一緒だと面白いかな?」と考え、調べたところ、タレントの鈴木奈々がそうだったという。

 「鈴木奈々が、リーチマイケルに跳ね飛ばされるところ痛快じゃね?」と軽口を叩きつつ、続けて「31っていう同い年だと、辻ちゃんが一緒らしい」と辻希美の名前も出して「辻ちゃんがリーチ・マイケルにボーンって当たられて、キャラ弁がバラバラバラってなって、横にいる(夫の)杉浦太陽が“大丈夫?大丈夫?”みたいな感じとか」。さらに「あと、ホラン千秋。ホラン千秋がバーンッてやられるところ想像すると、すげえ痛快なんだよなぁ」と悪乗りしてみせた。

 「ここで(同い年の人物として)誰を選ぶかなんだよね」と伊集院。お笑いタレントの渡辺直美も同年齢だが「当たり負けない感じしちゃう。だから、渡辺直美ではないんだっていうのを、ちょっと思ったんですけどね」とジョーク交じりに続けていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月15日のニュース