中村獅童 超歌舞伎で初音ミクとW主演 2人の宙乗りを披露も

[ 2019年8月1日 21:04 ]

初音ミクと共演する中村獅童(C)NTT・松竹P/(C)超歌舞伎
Photo By 提供写真

 歌舞伎俳優の中村獅童(46)が1日、京都・南座で新開場記念「八月南座超歌舞伎」(2~26日)の公開ゲネプロを行った。

 初の試みとして、本公演とリミテッドバージョン(別配役)を上演。獅童は本公演の主演をバーチャル歌手の初音ミクと務める。「今昔饗宴千本桜(はなくらべせんぼんざくら)」では、舞台上に裃姿の獅童とミクが登場。ラストは2人の宙乗りを披露した。歌舞伎公演でバーチャルシンガーが宙乗りをするのは史上初となる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年8月1日のニュース