演歌歌手の山本あき 10月末で活動休止 首のヘルニアで「静養余儀なくされ」

[ 2019年7月25日 14:15 ]

演歌歌手の山本あき(2009年07月撮影)
Photo By スポニチ

 演歌歌手の山本あき(43)が25日、公式サイトを更新し、10月いっぱいで歌手活動を休止することを発表した。

 「山本あきから皆様へ」と題し、「私、山本あきは断腸の思いではありますが10月末日を持って歌手活動を休止する事を決断いたしました」と報告。以前から首に不調を抱えていたといい、精密検査の結果「ヘルニア」と診断されたことを受け「歌う事にも支障をきたし、暫く静養する事を余儀なくされました」とした。

 「デビューから13年。私にとりまして皆様に支えて頂けたからこそ、これまで歌って来られたのだと心から感謝しております。今、振り返っても数えきれない程の楽しい思い出でいっぱいです」と、歌手生活を振り返り「これからは今までの経験や思い出を大切に歩いて行こうと思います。今まで本当にありがとうございました」とファンや関係者へ感謝の言葉を記した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年7月25日のニュース