若林正恭、昨年破局後に考えたこと…「高えマンション買おうかな、老後のために」

[ 2019年7月17日 21:00 ]

若林正恭
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「オードリー」の若林正恭(40)が17日放送のテレビ東京「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」(水曜後6・55)に出演、昨年、女優の南沢奈央(29)との破局後、「高えマンション買おうかな、老後のために」と考えたことを打ち明けた。

 収録には、フリーアナウンサーの小林麻耶(昨年7月結婚)、小倉優子(昨年12月に再婚)、高橋みなみ(今年5月に結婚)、レギュラーメンバーの春日俊彰(今年5月に結婚)と高橋真麻(昨年12月に結婚)と新婚タレントが勢ぞろい。

 MCの若林は新婚タレントたちに「プロポーズの言葉」などを質問した。

 “交際0日婚”で話題になった小林はタクシーの中で「結婚してください」と言われたエピソードを語ったが、プロポーズをOKする直前まで「結婚願望がなかった」「一時(結婚願望が)MAXになって、そのあと、どうでもよくなった」と振り返った。

 すると、それまで冷静にトークを回していた若林が突然、「めちゃくちゃわかる」と声を張り上げ、同意した。そして「俺が一番わかるんだ。どうでもよくなるんだよ」と続け、自分自身のために「高えマンション買おうかな、老後のためにと思った」と自虐的に語った。

 若林と南沢は結婚秒読みと言われていたが、昨年破局。若林は自らがパーソナリティーを務めるラジオ番組で破局の理由について「私の度量の狭さです」といい、「いい恋させてもらった」と傷心の思いも告白していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月17日のニュース