勸玄くん“独り舞台” 父・海老蔵休演、演出変更で上演

[ 2019年7月17日 05:30 ]

18日から「七月大歌舞伎」に復帰する市川海老蔵
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(41)が急性咽頭炎のため休演した「七月大歌舞伎」の昼の部が16日、東京・歌舞伎座で行われた。

 長男の堀越勸玄(かんげん)君(6)が出演する「外郎売(ういろううり)」は、代役を立てず演出を一部変更して上演。父がいない舞台は初となったが、見どころとなる約4分の早口言葉を堂々披露。2階席からは祖母・堀越希実子さんも見守っていた。“独り舞台”を務め上げると、客席からは拍手が鳴りやまなかった。

 劇中口上には海老蔵の代わりに中村梅玉(72)が登場。「父の不在で心細いと思いますが、一生懸命務めます。ご見物のほど、私も海老蔵に成り代わり、何とぞお願い申し上げます」とあいさつした。海老蔵は、17日は休演し、18日から通常通りの配役で舞台復帰する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月17日のニュース