おぎやはぎ小木 安倍首相“桜を見る会”を辞退したワケ

[ 2019年7月17日 11:53 ]

「おぎやはぎ」小木博明
Photo By スポニチ

 「おぎやはぎ」の小木博明(47)が、15日放送のAbemaTV「おぎやはぎの『ブス』テレビ」(月曜後9・00)に出演。安倍晋三首相(64)主催の“桜を見る会”への招待を辞退した過去を明かした。

 番組では、タレントの重盛さと美(30)が安倍首相の“桜を見る会”に3年連続で参加したことが話題に。矢作兼(47)は「どういう人が出るの?」と質問すると、重盛は「私もわかんないんですけど、招待状が急に届くんです」とコメント。「『いつも日本のためにありがとうございます』って言うと『どういたしまして』みたいな感じで、写真撮って終わりです。でも楽しいですよ」と会の様子を説明した。

 矢作が「俺たち、招待状なんて来たことないよな」と言うと、小木は「1回お断りしてるよ、ウチら」と返答しスタジオは騒然。「そうなの?確かに、小木がそういうの行くの好きじゃないからな」と話す矢作に、小木は「政治家ダメだから。NGだから」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月17日のニュース