東山紀之、偶然重なりジャニーズ入り 渋谷でジャニーさんがスカウト「赤信号じゃなかったら…」

[ 2019年7月17日 19:55 ]

少年隊の東山紀之
Photo By スポニチ

 少年隊の東山紀之(52)がテレビ朝日「あいつ今何してる?」(水曜後7・00)に出演。9日に亡くなったジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(享年87)との秘話を語った。

 ジャニーズ事務所入りするきっかけとなった運命の場所は、小学校を卒業した直後、12歳の時に訪れた渋谷のスクランブル交差点。信号待ちをしていた際に偶然車で通りかかったジャニーさん本人からスカウトされたという。

 「赤信号で待っている時に、今も渋谷にある電話ボックスの前に僕が立っていた。ジャニーさんは電話を使いたかったらしくて、最初は“あのボウズ邪魔だな”と思ってたみたいです。それが最初の出会いです」と明かした。

 MCのネプチューン堀内健(49)が「いろんな偶然が重なったんですねえ」と驚くと、東山は「当時は携帯電話もなかったし、赤信号じゃなかったら(電話ボックス前に)立ってなかったですし」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月17日のニュース